仕事 category archive

独自の分野で需要のある印刷市場

0

デジタル化が進んだ時代でも、印刷物のインパクトあるチラシや広告は目を惹くものです。また、印刷物でないと効果を発揮しない雑誌や新聞、書籍類は、これからもなくなることはないでしょう。

このような印刷物は、電子書籍やメールマガジンなどが普及するようになっても、独自の存在感をもつようになっています。

また、これらの印刷物は紙代や製本、印刷費などがかかるようになることが特徴で、印刷業界では、印刷物の相場が気になるようです。全体的に需要が減ってはいるものの、売上は上昇しているようですので、業界では従事者もたくさんいます。

国内大手の印刷業界では、電子図書への参入を行なうようになっていますが、いまは印刷物とバランスよく利益を上げているようです。

印刷市場においては、デジタル化は書籍類を中心として進めるようになっているため、印刷物の受注量は年々わずかな減少にとどまっているといってよいでしょう。

また、日本の印刷市場では、はがき印刷や封筒印刷、郵送物に関した印刷物や名刺、チラシ、ポスターといったビジネスに欠かすことのできない印刷物の需要が高いことが特徴です。

さらに、最近は、Tシャツやステッカーといった印刷物も増えていることから、広い分野において印刷の需要が増えています。